お尻のニキビは保湿でカバー|刺激を与えないようにしましょう

誘導体化したビタミンc

コスメティック

効果と注意点

ビタミンc誘導体とはそのままでは壊れやすく不安定なビタミンcを安定化させ、同時に肌へ浸透しやすいよう加工した化合物です。抗酸化作用や肌細胞活性化によるアンチエイジング効果やシワ、たるみの予防・改善、メラニン色素の生成抑制・還元によるシミ、そばかすの防止(美白効果)が期待でき、他にもニキビや毛穴の開き、肌荒れなど様々なトラブルに有効です。ビタミンc誘導体は濃度と効果が比例するため高濃度での使用が推奨されていますが、その分刺激も強くなるので乾燥肌や敏感肌など肌が弱い人は注意が必要です。また水溶性・油溶性といった種類があり、それぞれ長所と短所があるので使用する際は目的や自分の肌に合ったものを選ぶようにすることが大切です。

水溶性・油溶性・新型

ビタミンc誘導体には水溶性・油溶性・新型の3種類ありますが、それぞれが持つ特徴を知ることでスキンケアに使用する際より効果的に利用することができます。水溶性ビタミンc誘導体は即効性に優れ、短時間で肌に浸透するのが特徴です。皮脂の分泌を押さえる効果が高いため肌のベタつきやニキビの抑制に有効ですが、乾燥を招くことがあります。主に化粧水などローションタイプの化粧品に使用され、成分名はリン酸アスコルビルNaやリン酸アスコルビルMgになります。油溶性ビタミンc誘導体は水溶性のような即効性はありませんが、吸収率と浸透性に優れています。また使用時の刺激や乾燥が少ないため肌が弱い人でも安心して使うことができます。主に美容液などクリームやジェルタイプの化粧品に使用され、成分名はテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)などになります。新型ビタミンc誘導体は水溶性と油溶性の特長を併せ持っています。成分名はパルミチン酸アスコルビルリン酸3NaとなりAPPS(アプレシエ)とも呼ばれています。