お尻のニキビは保湿でカバー|刺激を与えないようにしましょう

年配の女性のケア

鏡を見る女の人

なぜ歳をとるのか

人間は、年を重ねると肌がたるんだり、シワがでたりと老けていきます。その理由は、肌は年齢とともに乾燥していくからです。肌の真皮層には、天然の保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が豊富に有ります。しかし、それらの成分は20歳をピークに徐々に減少していくのです。したがって、40歳くらいになると若い頃の半分の量になるので、乾燥して潤いがなくなります。また、年齢とともに肌にハリを与えているコラーゲンも減少します。その結果、新しい皮膚をスムーズに作り出すことができず、柔らかい肌が失われていきます。そして、紫外線に当たることも老化の原因となります。紫外線はシミの原因になったり、肌のハリを保つコラーゲンを破壊します。そのため、くすみ、シワの原因となります。これらのことから、年齢を重ねれば重ねるほどエイジングケアが必要といえます。

効果的なケア方法

エイジングケアとして一番大事なのが、紫外線対策を毎日の生活で行う事です。というのも、紫外線はシミ、シワ、乾燥を促して、肌の老化を引き起こすからです。したがって、紫外線対策をしっかり行うことが肌を若返らせる一歩となります。紫外線対策は、日焼け止め、紫外線から守る帽子、傘をさす事が有効です。日焼け止めを塗る際は、顔や腕など日光に当たりやすい部分にむらなく塗っていきます。特に鼻や目の下、頬は紫外線が当たりやすいので、丁寧に塗ると良いです。その他にも、年齢を重ねると肌の保湿成分が減っていきます。なので、ヒアルロン酸など保湿成分が配合された化粧水でエイジングケアをすると良いです。近年では、リピジュアという成分が、ヒアルロン酸の2倍の吸湿性が有ると注目されています。エイジングケアの持続性があり、水洗いしても効果が落ちることはないのでおすすめです。