お尻のニキビは保湿でカバー|刺激を与えないようにしましょう

肌のターンオーバーが大切

鏡を持つウーマン

ニキビ跡の種類はいくつかありますが、一番目立ってしまうのが赤みのあるものです。この赤みの原因は、ニキビを直そうとして増えた毛細血管が赤みとなって残ったり、ニキビの炎症によって傷つけられた血液による色素沈着と考えられます。赤みのあるニキビ跡を残さないために、ニキビができたらそのままにして置かずに薬用クリームを塗ったりして炎症を抑えなければいけません。それでもできてしまったニキビ跡を除去するには、フェイシャルピーリングが一番です。肌のターンオーバーを繰り返すうちに、きれいな肌になっていきますが、そのターンオーバーを促してくれるのがフェイシャルピーリングなのです。フェイシャルピーリングは、皮膚科などはもちろん自宅で簡単にできるものも販売されています。

赤みのあるニキビ跡は、とにかく肌を清潔に保つことが大切です。さらにニキビなどで炎症を起こしてしまうと、色素沈着が酷くなってしまうからです。ですから、早めに対処することが必要になります。ニキビ跡を治すには、とにかく肌のターンオーバーを促すことが大切です。肌のターンオーバーは、ピーリングのような角質のケアだけでなく、食べ物などでも促すことができます。レバーやウナギなどに含まれるビタミンAやビタミンB6、ビタミンCなどがその一つです。化粧水の中にはこれらのビタミンが含まれているものも沢山販売されています。体の中からはもちろん、外側からも肌のターンオーバーを促してあげると、赤みのあるニキビ跡に効果があります。