お尻のニキビは保湿でカバー|刺激を与えないようにしましょう

刺激を避けてしっかり保湿

お尻

保湿が重要

お尻ニキビを治したいのなら、保湿が重要です。ニキビができてしまうと清潔にしようとして、洗うことばかりに気をとられがちです。しかし、ニキビを治していくためには保湿も重要ですから、洗い過ぎにより乾燥させてしまい、ただでさえ弱くなっている肌のバリア機能を更に低下させてしまう恐れがあります。清潔にすることは大切ですが、それだけではいけません。お尻ニキビを治したいのなら、化粧水や乳液 、クリームなどを使って保湿もしましょう。顔に使っているような化粧品でもよいのですが、お尻は皮膚が厚いですから、思うほど浸透しないといった問題があります。できれば、お尻ニキビ専用のクリームなど、角質の厚い部分に対しても浸透力もある化粧品を用意して、集中してケアしたほうが効果が期待できます。ケア商品を購入する際には、配合されている殺菌成分や保湿成分にも注目して選択しましょう。

下着選びも大切

お尻は常に刺激を受けている場所ですから、下着など身に着けているものも重要です。お尻ニキビを治したいのなら、あまり締め付けのきつくない、通気性のよい下着を選びましょう。コットンなど天然素材のものを選ぶとよいです。また、境目がニキビのできている場所にあたるようなことになると痛いですから、デザインも工夫して選ぶとよいです。下着選びと同様、洋服選びも大切です。なるべく締め付けがきつくなく、通気性のよい素材のものを選びましょう。固い生地や通気性が悪くて蒸れてしまうような生地のものを選んでしまうと、お尻ニキビを更に刺激し、治りが悪くなってしまいます。生活習慣や食生活なども注意して、なるべく早く回復できるよう努力しましょう。

肌のターンオーバーが大切

鏡を持つウーマン

赤みのあるニキビ跡を治すには、角質ケアであるフェイシャルピーリングを行って、肌のターンオーバーをしてあげることが大切です。肌のターンオーバーには、ビタミンが有効ですが、食べるだけでなく化粧水からも摂取し促してあげることができます。

詳しく見る

年配の女性のケア

鏡を見る女の人

年齢を重ねると、肌のヒアルロン酸、コラーゲンが減るので、老化が加速していきます。また、紫外線にさらされることもシワ、シミなどの老化の原因になります。なので、エイジングケアとして紫外線対策、保湿効果のある化粧水でケアする事が有効です。

詳しく見る

誘導体化したビタミンc

コスメティック

ビタミンc誘導体とはビタミンcの安定性や肌への浸透性を高めた化合物です。アンチエイジング効果やシワ、たるみの予防・改善、美白など様々な美容効果が期待できます。水溶性・油溶性といった種類があるので使用する際は目的や自分の肌に合ったものを選ぶようにすることが大切です。

詳しく見る